塾通いとオンライン自宅学習の違いとは?受験に有利なのはどっち?

jita-gaku.com
体験談

塾通いの良さとオンラインで自宅学習する良さを比較して、結局のところ高校受験に有利なのはどっち?という無茶苦茶な質問に答えていこうというコーナーにしてみました(^^。これから塾探ししようと思う方は、比較の参考にしてくださいませ。

今だからこそ、オンラインで自宅学習がおすすめ

2021年9月現在、コロナウィルス、感染拡大、変異・・・
コロナに関わらず、オンラインでの自宅学習がおすすめだと私は思います。

塾通いの良いところは、保護者のクチコミから塾の評判が事前にわかるところでしょうか。

でも自分の子が同じように成績が伸びるとも限らないし、評判はあくまで評判であって、実際のところは通ってみないとわからないんですよね~。

私の近所に塾通いをしている子供を持つ知り合いの保護者がいるんです。
その家は塾までは自家用車で送り迎えです。都会なら子どもだけで電車通いになるのかな。

毎回子どもの送り迎えをしています。送りに行って帰って、また迎えに行って帰って。
移動時間もバカになりませんよね。台風だろうが、雪が降ろうが、決められた日時にちゃんと子どものために送るんですよ。

頑張ってる保護者の方に頭が下がります。
ホントに大変だと思います。

私の考えは1つです。
Time is money 時は金なり

やっぱりこの送り迎えの時間は無駄でしか思えません。特に今の時代はですね。
行き帰りがあるということは、準備が必要なので実質もっと多くの時間を使っているわけです。

昔はオンラインという選択肢がなかったです。
でも今の時代は違います。

オンライン塾という選択ができる世の中です。
オンラインであれば、パソコンの準備さえしておけば、授業時間の5分くらい前までは自由です。

塾に通う時間を使って、宿題をしてもいいし、予習をしてもいいし、余裕があれば別のことをしたっていいわけです。
授業が終わったら、復習したっていいし、すぐに開放されていいし、すぐにお風呂に入ってもいいわけです。

こんな時間的な恩恵を受けれるのはオンラインだけですよね。

仮に1回(日)で30分の時間が自由に使えるとすると、

1回で 30分
週に2回で 60分 (1時間)
月に8回で 240分(4時間)
半年で48回で 1,440分(24時間)
年間で96回で。2,880分(48時間)

年間だと、丸2日間も自由な時間が増えるんですね。
1日で8時間消費すると、5日間も遊んでいい計算です。

自分に合った勉強スタイルを探すことが何より大事

成績を上げることの目的は、どこでも好きな進学先へ進学できるように選択肢を広げることなのですから、結論を言ってしまえば、塾に通おうが、オンライン塾になろうが、どうちらでも構いません。

この記事ではオンライン塾がいいよって勧めているわけですが、決してオンライン塾で授業を受けてる子がすべて塾に通っている子よりも成績がいいわけでもないと思います。なので、基本的にどちらでも構いません。

大事なのは、自分に合った勉強スタイルを早く見つけて、成績アップという結果に結びつけることだということです。結果を出すことではじめて、自分にとってどの程度の努力が必要なのかがわかるわけですよね。

どうしても中学生は忙しいです。
部活だの、勉強だの、宿題だの、友達だの…
習い事だの、趣味だの。

時間が足りないんですよね。

なので、
塾へ行って周りからの刺激を受けながら、勉強をした方が結果が出やすいのなら、塾通いをおすすめします。実際にあの友達には絶対に負けたくないとお互い刺激を受けながら成績を上げていく子もいます。

また、

毎日忙しいから、少しでも隙間時間をうまく使って、先生とマンツーマンで勉強した方が結果が出やすいのなら、オンライン塾をおすすめします。他人と比較されると嫌だと思う子は、正直オンラインがおすすめだと思います。

ある程度の期間はやり続けないと結果はでないから、万が一やり直すことを考えると、なるべく早くどちらかを始めたほうが無難だなと思うのです。

受験に有利かどうかは、マンツーマン指導で決まる!

受験に有利かどうか

すなわち、
合格か不合格かはマンツーマン指導で決まる、そう断言しても過言ではないと思います。それは、マンツーマン指導は勉強の効率が良いからです。

学校の先生はクラス全員を対象に、塾の先生は教室全体の生徒を対象に。

唯一、家庭教師の先生は1対1のマンツーマン指導ですから、自分の子供だけを対象にしてくれます。少なくとも1コマという授業では、1対1の授業となるわけです。

クラス全体とか教室全体を1人の先生が対応していたらどうでしょう。
塾の教室全体で30人いて1コマの授業で6人いたとします。

先生1人、生徒6人なので、先生が生徒1人に充てられる時間は、平均して1/6しか時間が取れません。先生の指導をすべて自分のものにするためには、必然的にマンツーマン指導の方が結果は出やすくなります。

同じ時間を使って勉強してもマンツーマン指導であれば、吸収できる量が多くなるんですね。できるだけ、塾にせよ、オンラインにせよ、少人数制、できればマンツーマン指導だと最大の効果が発揮できると思うのです。

受験まであとわずかという人は、少人数制、できればマンツーマン指導に切り替えてみてはどうでしょうか?

まとめ

塾通いと自宅学習の違いと、受験に有利なのはどちらというテーマで私の個人的な意見を書きました。

どちらが良い悪いとかではなく、私の考えは、

・Time is money 時は金なり
・早い段階で子どもに合った勉強スタイルを探す
※周りから刺激を受けたい →塾通い
一人でコツコツ周りと比較されたくない →オンライン
・少人数制、できればマンツーマン指導を目指す

こういった考えのもと塾選びを検討すると良いのかなぁと思うわけです。

ピックアップ記事

関連記事一覧